[AIR2.0 Ajax] Interacting with a native processをやってみたメモ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
AIR2.0では、ネイティブなアプリの作成が可能になり
AIRのセキュリティサンドボックスから解放されるとFITCで聞いたので
実際に動かしてみました。
とは言っても、アドビの以下のサンプルを実行しただけです。
アドビのサンプル:Interacting with a native process

1. air sdkをインストールする
今回は c:¥air¥sdkに置きました。

2. サンプルをダウンロードしてC:¥air¥NativeProcessTestHTML
に設置しました。
air2_nativeprocess_ajax_win_1
3. デジタル署名の作成 パスワードを1234にしておきます
 
C:¥air¥NativeProcessTestHTML>c:¥air¥sdk¥bin¥adt -certificate -cn ADigitalID 1024
-RSA myCert.p12 1234

macではこんな感じです。
 
$ adt -certificate -cn ADigitalID 1024-RSA myCert.p12 1234
4. exeファイルを作成します
現時点ではサンプルのページの方法だと、iconsの記述が2つあり以下のエラーがでるので注意します。
 
Files "C:\air\NativeProcessTestHTML\icons\AIRApp_128.png" and "C:\air\NativeProc
essTestHTML\icons\AIRApp_128.png" have conflicting package paths: C:\air\NativeP
rocessTestHTML\icons\AIRApp_128.png

今回はこのようなコマンドを打ちます。
 
C:\air\NativeProcessTestHTML>c:¥air¥sdk¥bin¥adt -package -storetype pkcs12 -keys
tore myCert.p12 -target native NativeProcessTest.exe application.xml index.html
AIRAliases.js icons sample_styles.css NativeApps¥Windows¥bin
password: 1234

macの場合はこのような感じです。
 
$ adt -package -storetype pkcs12 -keystore myCert.p12 -target native NativeProcessTest.dmg application.xml index.html AIRAliases.js sample_styles.css icons NativeApps/Mac/bin/echoTestMac 
air2_nativeprocess_ajax_win_3

5. NativeProcessTest.exeというファイルができるので実行します
air2_nativeprocess_ajax_win_2
windowsのアプリと通信ができているのが確認できます。
んーいろいろ出来そうですね。